« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

108物語 「石を積む男」

 雑踏の中、早朝の電車の混雑にもすでに辟易しなくなった。
『この鈍感な感覚はなんなんだ』
 と鈴木務は目を瞑ったまま吊革をさらに強く握り締めた。
『もう限界じゃないか』
『俺はいったい何をやっているのだ・・・』
 腐った果物の匂い達に囲まれ、その匂いに身体中が蹂躙される恐怖を、なぜ我慢するのだ・・・

 真っ白い壁、黒渕眼がねの白衣の紳士。
「鈴木さん、これでいかがでしょうか」
 私は退社後、耳鼻咽喉科を訪れていた。
「嗅覚過敏症の原因は様々ですが、鈴木さんの場合、鼻にまったく異常がありません、あなたのおしゃるように、人体から出る様々な匂いを嗅ぎ分けられる能力はある種の能力かもしれませんが・・・」
 井上耳鼻クリニックに通うようになって1年ほどになる。
 定期的に鼻の嗅上皮をレーザーで焼いてもらい、嗅覚を鈍らせてもらっている。
「苦痛はありませんか」
「いいえ大丈夫です」
 白い診察室はアルコールと医師、そして若い看護師の匂いで充満している。レーザー治療は精々三日も持てばいい、それ以上は今日の通勤列車の状態になる。
「鈴木さん、次は来週でいいですか」
 屈託のない看護師は私の予定を尋ねる。
 彼女は月経臭で満ち満ちている。
 私は女の月経臭を嗅ぎ分けられる。
『もし私が朝の通勤列車の女性専用車両に乗ったとしたら、いったいどうなるのだろう・・・』

 草臥れた顔のサラリーマンがプラットホームに疎らに立っている。
 一日を終え彼らの背広はその日を象徴する体臭がしっかりと染み出し、まるで空中をまっ黄色に染めかねない。
 もしすべての匂いに色があるとしたら、私は確実に色を識別できるだろう、たとえそれが意味のないことだとしても・・・

 数年前の秋口だっただろうか、私は上司の勧めである女性とお見合いをすることになった。白い肌、ゆったりりた頬の曲線、それと一対の胸や臀部の曲線が振袖を通して十分想像できた。婚期を迎えた女特有な匂いを放っていた。
 花々が昆虫を誘い、受粉する仕組みは生物すべての基本になっているのではないか、と私は思う。もしそれがフェロモンというホルモンの匂いだとすると神は実に匂いに特別な意味を与えたことに、私は敬意を払わざるを得ない。
 先天的あるいは後天的に、人間を含め生物は脳に匂いとその意味を解決する記憶が刷り込まれる。枚挙に暇がないが、靴下の汗が蒸れた匂いに発情する女、ゆで卵の匂いを嗅ぐと便意を催す者、鉄さびの匂いで唾液を垂らす者、車の排気ガスを嗅ぐと勃起する者、などなど、そして私は・・・

「鈴木さんは・・・」
 はにかんだ表情、纏めてはいるが十分長くその若さを象徴するつややかな髪、少し下膨れの瞼は幼さを表すが、愛らしくも私を見つめていた。
「ご趣味とか・・・」
 それだけを話すだけで精一杯だった。
「特に趣味と言えるものはありませんが、読書と映画鑑賞が休日の過ごし方ですかな」
 と私は彼女側の仲人を見た。
 明らかに私が興奮するにおいの持ち主だった。
 お見合いの和室に通された時、その仲人の中年の男は一度私を値踏みする視線を投げかけた。次の瞬間、私の鼻腔を通して鋭利な刃物が脳に刺さる感覚を覚えた。ああ忘れて久しい匂い・・・
「島崎と申します、本日はお日柄もよく、・・・」と口上を述べると、私とお見合い相手の簡単な経歴を説明した。
 お日柄がいいかは別として、私は男に『死臭』を嗅ぎ取った。
 彼自身が今どういう状態か知りえた。
 私は女などちっぽけも興味がなかった。
 いかにも健康そうな身体、病気ひとつもしたことがないという感じであった。
 見合いを終え、私は島崎と近づくために、女と付き合う旨を島崎に伝えた。
「いいお嬢さんです。私でよければ、お嬢さんにお付き合いをさせていただきたいとお伝えください」
「それはそれは、先方様もお喜びなられると思います」
 と島崎は見るからに腰の低そうに、何度もお辞儀をした。
「島崎さんの連絡先を教えてください」
 と私は名刺入れから自分の名刺を取り出し、男と名刺交換した。
『島崎土地開発株式会社 専務取締役 島崎 巌』とあった。
 なるほど私が所属する会社の下請会社の役員ということを確認して、その席を去った。

 次の日、私は島崎を誘い出した。
 どこのオフィス街にでもありそうな居酒屋の席で私はこう切り出した。
「大変失礼ですが、最近あなたの周りで死んだ人がいらっしゃるでしょう」
 と私はいった。
 しばらく島崎は私を見たまま硬直したままだった。
「なぜ・・・」
 島崎はうなだれたまま押し黙った。
「その死体の始末、私の処理させてください」
 と切り出した。
「・・・」
「島崎さんにはいっさいご迷惑は掛けません、それどころか日々の苦しみから解放してあげます」
 と私は言い切った。

 真夜中に島崎と私は島崎の会社が管理するマンションへタクシーで向かった。
 最階上の部屋の浴室にブルーシートに包まれた若い女の死体が転がされていた。
 ほろびゆく腐敗臭と白く丸々と肥えた蛆がのた打ち回り、浴室中を銀蠅が飛び回っていた。
 鼻を突く異臭に私は気が遠くなる感覚を覚えると共に、島崎を振り返り、こう言った。
「凶器はなんですか」
 島崎は浴室に近づくことなく、口をハンカチで覆ったまま怯えあがっていた。
 島崎はようやく口を開くと、
「首を・・・」
「首を手絞めた?」
 私は背広のポケットから軍手を取り出し、両手に嵌めた。
「いえ、私のベルトで・・・」
「そうですか、それはずいぶんひどいことをされる」
 私は島崎の後ろに回ると、自身のベルトを音も無くはずし、そっと島崎の首に掛けた。
「うっ」
 島崎は口を押さえていたハンカチを床に落とした。
「どうですか、苦しいですか」
 と私はさらにベルトを絞り上げ、島崎の首を締め上げた。
 さして抵抗も無く島崎は静かに床に崩れ落ちた。
 そのまま男をベルトで床を引きずり、押入れまで運んだ。
 押入れの柱と天板の間に男のズボンからベルトをはずしてかけた。
 押入れの中段まで男を持ち上げ、男の首を丸く輪を作ったベルトに通した。
 男の身体を外すと、男はそのままベルトに首をいれたまま空中にぶら下った。
「これで楽になったでしょう」
 と私は男から徐々に滲み始めた死臭でエレクチオンせずにいられなかった。
 ズボンを膝まで下ろして素早く手淫を終えると床に散らばった白き飛沫を軍手で綺麗にぬぐい終え、その場を後にした。
 帰宅の途中で私は警察に密告した。
「○○町の△△マンションの部屋から叫び声が聞こえました」
 翌日の夕刊に島崎の自殺の記事が載っていた。
『会社役員不倫相手絞殺後、自殺か』

 私の欲望は鼻腔をレーザーで焼くだけでは収まらない。
 あの時、島崎から紹介された女が今の妻、佐織だ。
 佐織は島崎の件で縁談を断られると思っていたらしい。
 私は縁を大事にする。
 沙織にも同じ匂いを見出した。

「ねぇあなた、ちょっと・・・」
 佐織が私を呼んでいた。
 私は親から譲り受けた庭付きの戸建住宅に沙織と居を構えていた。
 家のブロック塀の四隅の一つに、私は石灰の平べったい石を積んでいた。
 雨に当たると光り輝く。
 時々、一枚その石を追加する。
 理由は島崎と同じだ。
 昨日、妻の高校時代の友人が泊りがけでやってきた。
 妻の話だと一番の友人とのことだった。
 妻の寝室に盗聴器を仕掛け、夜二人の寝話を聞いた。
「沙織、かずゆきくんのこと忘れた」
「まさか、あんたこそ・・・」
「一生二人だけの秘密よ」
「ええ誓うわ」
 私にはそれで十分だった。
 妻から漂う匂い、その正体に光が見えた。
 今日、私は二枚石を積み上げるかもしれないと思った。
 ずいぶんこの石積も繰り返した。
 すでに、三十枚を超えている。

 昭和四十五年三月四日の北海タイムにこんな記事を見出した。
 『北海道道立□□高校三年の柏木和幸君は体育館で何者かに指され、出血多量により死亡
  道警は当日学校近辺の不審者の聞き込み捜査を行っている模様、清水校長は卒業間じかの不幸に同級生一度悲嘆に暮れているという談話を発表』

にほんブログ村 小説ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

108物語 終わらない夜3

 俺は私立探偵、高杉晋作。
 誰もが一度は聞いた覚えのある名前だ。
 歴史上の同姓同名の男とまったく関係がない。
 俺は生まれた時から、不思議な力がある。
 一度も行ったことがない場所をあたかもそこに存在するように見る能力だ。
 人はそれを『千里眼』というらしい。
  俺は今、尾行の真っ最中である。

 尾行中の男、岩城譲二、IT関連企業グループのオーナー、35才、独身、私生活を一切公開せず。
 依頼者のマリーの兄らしいということだけが、俺に与えられた情報だ。
 今、譲二を乗せたタクシーを俺も拾ったタクシーで尾行していた。
 車は多摩丘陵、右側にゴルフ場を横目に、ずんずんと山奥へとライトをぎらつけさせながら進んだ。
 両側が切り立った崖を越えると、道幅が狭くなり、車一台分がようやく通れる幅のため、時々、駐車待機用のスペースが現れる。
 木々が鬱蒼と生い茂り、満天に広がる星々の光を遮るため、真空の中を二台のタクシーだけが存在するような錯覚に陥る。

 道の終わる場所に大きな鋼鉄製の門があった。
 両脇に同じように鋼鉄製の門柱に蔓が巻きつき、この門がずいぶんと昔から存在することを伺わせる。
 門から先へ進むとどこかで見た西洋館、その建物が都内に建つ、迎賓館に酷似している事を知る人は少ない。
 なぜなら、この場所に入れる人間は稀有なのだ。
 俺は何も知らず、こんな場所へ導かれてきた。
 その中に妖怪じみた人間がいる事もまったく知るよしも無かった。

 大理石の床が続き、湯気が立ち込める温泉プールが青白い光でライトアップされていた。
 プールの中で一匹の獣が凄い勢いで水中を進んでいた。
 その前を全裸の女三人が悲鳴を上げ、懸命に逃げ惑っていた。
 獣は水中から水しぶきを上げ、空中高く飛び上がった。
 全身を黒い剛毛で覆われ、尻から細長い黒い尾が伸びていた。
 顔もまた剛毛で覆われ、耳までも続くと見える口から伸びた舌は、胸まで垂れ下がり、絶えることなく涎を流し続けていた。
 剛毛の中から見える眼は真っ赤に光り輝いていた。
 とうとう髪の長い若いスレンダーな女の髪が獣の手に落ちた。
「きゃー」
 と女は声を上げ、股間から大量に失禁すると気絶した。
 獣の股間から垂直にそそり立った一物は正に怒髪天を突く勢いでそそり立っていた。
 それもまた黒々とした剛毛で覆われ、節くれた様子は丸太を思わせた。
 誰がみてもそのスレンダーな女に挿入などできないと思わせる長さと太さを誇っていた。
「ぎゃー」
 と獣に挿しぬかれた女は絶叫した。
 女は呑みこんだ。
 女のあそこは子供を生むことができる。
 たとえ馬のあれでも挿入できる。
 獣は立ったまま女を貫いていた。
 筋肉質の腰が上へ突き上げる度、女は口から泡を吹いていた。
 それを呆然と見とれていた、二人の女はプールの中で、知れずにお互の下の突起を擦りあっていた。
 獣に対する恐怖はいつしか、畏怖に変わった。
 そして貫かれている女の姿を見た時、女達は欲望を感じた。
 女も勃起する繊細で敏感な性器を持つ。
 大抵は少女の頃に偶然その突起から得られる喜びを知る。
 人知れず夜こっそりと楽しむ。
 勃起することも知るようになると、そこが包皮に覆われ、男のペニスと同じように皮を剥くことでもっと鋭利な喜びを得られること知る。
 男と性的な関係を結び、初めて人の口と舌で弄ばれるとその喜びで狂う。
 しかし、女同士でそこを擦りあった時に得られる喜びを知った女はされらに狂う、コリコリした突起同士の擦りあいほどしっくりいく性技はない。
 周りを包む小陰唇がお互いにぴったりと吸いあい、愛液が濡れぼそり、陰核同士が微妙にぶつかり合う、お互いに頂上を迎えるのを調整しながら、ミクロ単位で触れ合う、一気にその時を迎えると包皮から真っ赤に熟した女自身が相手の包皮めがけてぶつかり合う。
「ああ」
 プールで激しく絡み合っていた女達が痙攣したようだ。

 プールの脇で車椅子に乗った老人がこの光景を見ていた。
 膝にブランケットを掛け、両手をしっかりと膝の上で握り締めていた。
 その指は枯れ枝のように見えた。
 顔に刻まれた深い皺と褐色の肌、長髪の白髪が肩に掛かっていた。
 プールの入口に黒服を着た男が小走りに現れた。
「エトー様、お客様がおいでになったようで」
 車椅子の老人は片手を挙げた。
「新王よ、静かにしておいで」
 その声を聞いた獣は股間から女をプールに投げ捨てた。
 獣はプールから外へ出るドアを開け、闇に消えた。
 老人の後ろに回った黒服が車椅子を押し始めた。
「譲二も探偵一匹誘い出すのにずいぶん手間をかける」
 急に老人は笑い出した。
「ようやく、わしが亡くした物を取り返す時が来たようだ」
 永遠に続くかと思われる絨毯の上を車椅子が進んでいた。

 俺は譲二とともにタクシーを乗り捨て、満天の星の下で対峙した。
「探偵さん、この先へ同行してもらうよ」
 思った通り、俺は罠に嵌められたようだ。
 まだスターダストを見つけられずにいた。

 (続)

にほんブログ村 小説ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

108物語 終わらない夜 2

 俺は私立探偵、高杉晋作。
 誰もが一度は聞いた覚えのある名前だ。
 歴史上の同姓同名の男とまったく関係がない。
 俺は生まれた時から、不思議な力がある。
 一度も行ったことがない場所をあたかもそこに存在するように見る能力だ。
 人はそれを『千里眼』というらしい。
  俺は今、尾行の真っ最中である。

 俺には真美と由美という女子高へ通う娘が二人いる。
 親馬鹿で申し訳がないが、二人ともかなりの美人である。
 よく二人で原宿や渋谷を歩いているとモデルのスカウトに声を掛けられる。
 10年前に別れた元妻のマンションで暮らしているが、二人とも俺の探偵事務所にやってくる。
 今では俺の貴重な助手として、勉学の合間を縫って手伝いをしているのだ。

 俺は旧式の携帯電話を取り出し、事務所に電話を入れた。
「はい、高杉私立探偵事務所です」
 真美が電話に出た。
 なんとも愛くるしい声が返ってきた。
「俺だ」
 と俺はいつものように娘に対しても、スタイルを変えない。
「先生、どこにいるのよ」
 と真美はかなり怒気を含んだ声を上げた。
 それというのも今日は彼女達らと約束した大切な日なのだ。
 17年前の今日、2月2日に彼女達は一卵性双生児として誕生した。
 つまり今日は彼女達の誕生日、そして俺は夕食の約束をしていた。
「今、誘拐犯人を追っている」
 これだけで十分である。
 真美と由美がどういう性癖であるか、さすがに父親でありながら触れられない秘密であるが、彼女達の一番の興味がなんであるのか、それだけは、はずすことがないと自負している。
『スリルとサスペンス』
 このキーワードほど彼女達を興奮させるものはない。
「ええ、誘拐事件、犯人を尾行中なのね」
 明らかに、興奮した声がした。
「パパ今どこ」
 受話器を奪った由美が電話を変わったらしい。
「それより、渋谷のプラザホテルの712号室へ急いでくれ、そこに秋元祐樹が縛られたままベットにいるはずだ」
「ええ、あの失踪した秋元祐樹・・・」
 絶叫したように聞こえた。
「ええ、祐樹・・・」
 受話器を通して、真美の叫びが聞こえた。
「今日は特別に俺が許す、例の力を使って急いでくれ」
 と俺は言ったが、彼女達はたぶん俺に許しを得ずとも、例の力を使うのだろうと思った。
「わかったわ、先生、犯人捕まえてね」
 と由美は言うやいなや受話器を激しく電話機へ叩きつけたらしい。
 その後、彼女達が何を始めるのか一瞬想像してしまった。
 娘二人の姿態を想像する情けない父親なのである。

 その頃、高杉私立探偵事務所の応接の長椅子で真美と由美は熱い口付けを交わしていた。
「誘拐事件、秋元祐樹」とどちらの口からも漏れる。
 セラー服姿の二人はスカートをお互い巻くり上げ、お揃いのピンクのティーバックのフロントのわずかな布の横から指を入れあっていた。
「ああ、硬く勃起しているわ」
 熱い息が由美の耳にかかる。
「まだよ、まだよ、あわせて」
 と真美が切なく小さな声で囁く。
「ああ、だめ真美・・」
「いいわ、私も・・・」
「ああ」
 と同時に叫んだ。
 その瞬間、真美と由美を包むように光が輝いた。
 そして光が徐々に薄れ、二人の姿が長椅子から消え失せた。
 真美と由美はテレポーテーションの超能力がある。
 その力を発現するためには二人で協力し合わなければならない。
 父親からは硬く禁じられている。
 真美と由美はレズっこである。
 それぞれ彼女がいるが、彼女とエッチをしてもこの能力は発現しない。
 つまり姉妹でエッチした時だけ、テレポートできるのだ。

 秋元祐樹は身体をきつくロープで縛られ、口にタオルを噛まされたままベットに横たわっていた。
 超ミニスカートから伸びた美脚の踝に痛々しくロープで締め上げられ赤い蚯蚓《みみず》腫れが妖《なまめ》しかった。
 眼は空ろで、今自分の置かれている境遇を恨めしげに視点の定まらないままであった。
 その眼に突然、炎が揺らめいた。
 次の瞬間、セーラ服姿の女子高生が忽然と床の中かから飛び出してきた。
『ええ』と祐樹は驚いて声を上げたが、猿轡《さるぐつわ》を噛まさせていたので声にはならなかった。
 眼を凝らすと女子高生はお互いのスカートの中をまさぐっている。
 熱い吐息を吐いて、お互いの唇を求め合っていた。
 秋元は恐怖を感じた後、状況を理解できないで身悶えた。
 床でちょっとの間、余韻を楽しんだ女子高生達は、ようやく立ち上がり身づくろいを正すと、祐樹のベットに近づいてきた。
「だいじょぶですか」
 とそっくりな顔をしたかわいい顔の一人が尋ねてきた。
 祐樹は事態を飲み込めないでいたが、声を上げようと必死で叫んだ。
『た・す・け・て』
 真美と由美は、祐樹を縛り上げているロープを悪戦苦闘の後、解いた。
 祐樹は二人に抱きかかえられて、起き上がり、ようやく猿轡をはずしてもらった。
「ありがとう・・・」
 祐樹は涙声で感謝した。
「秋元祐樹さんですよね」
 と由美。
「ええ、祐樹です」
「早くここから安全なところへ・・」
 と真美はいった。
 もちろん祐樹は早く逃げたかった。
 だが、彼女は一つの疑問を持っていた。
「あなたたち、どこから来たの」
 当然の質問である。
 ましてエッチをしていたまま忽然と現れた。
 祐樹でなくても聞きたくなる。
「高杉私立探偵事務所の高杉真美と由美です」
 と真美と由美は同時に答えた。
「高杉私立探偵事務所?」
「ええ、先生からあなたを助けるように指示がありました」
 祐樹はすこしずつ恐怖から開放されると、さきほどの二人の姿態を思い出していた。
 マスコミには知られていない、祐樹の秘密、それは祐樹もレズっこだった。
『このふたりをペットにしたい』
 と祐樹は自分の欲望を必死に堪えていた。
「私、祐樹さん好きよ」
 と真美が長い祐樹の右脚を摩ってきた。
『だめよ』と祐樹は声を発っしそうになったが、できなかった。
 三人がプラザホテルを出たのがそれから三時間後ということを高杉は報告を受けていなかった。

 男は多摩センターで小田急の乗り換え、終点の唐木田駅で下車した。
 駅前で客待ちのタクシーを拾い乗り込んだ。
 俺も一台タクシーを捕まえ、
「前のタクシーを尾行してくれ」
 と言った。
「お、刑事さんですか」
 俺はしかたなそうに、背広の内ポケットから、偽の警察手帳を取り出した。
「こりゃすげ・・・」
 と運転手は急に車のスピードを上げた。
「おい、君近づきすぎだよ」
「おっと、すいません」
 車は尾行する男を乗せた車と並走していた。
 俺は後部座席のギャングスタイルの男を確認するため、何気なさを装い、視線を向けた。
 なんと男は窓越しにピースサインを出して微笑んでいた。
『くそ、あいつは最初から俺が付ける事を知っていたな・・・』
 と俺は罠に嵌《はま》った獣のような気分に陥った。
 あのメイド姿の女は最初から俺をこの罠に陥れるための仕掛けの一つなのか、そんなことを考えながら、俺はなすすべもなく奴の車に従った。

 窓から注ぐ星々に俺は思わず、星に願いのフレーズを口笛で繰り返した。
 まだスターダストは確認できないでいた。

 (続)

にほんブログ村 小説ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »