« やさぐれ勝の恋 五 | トップページ | やさぐれ勝の恋 七 »

2007年10月30日 (火)

やさぐれ勝の恋 六

      六

 スナックが雑居する古いビルの二階にその子のクラブがある。その子に従い勝と銀蔵は階段を昇り始めた。階段室辺りから花輪《はなわ》が処狭しと並べられていた。どの花輪にも全快祝いと熨斗《のし》が掲げられていた。
「おいこりゃ俺のか」と銀蔵は花台に書かれた贈呈主を丹念に確かめていた。いづれも同じ業界の親分衆からのもので、いかに銀蔵がその筋で顔が広いかが判る。
「あんたにきまってるじゃない」とその子はそのまま二階に上がりきった。二階の薄暗い廊下に辿り着いた時にはその子はすでに店に入ったらしい。銀蔵は、紫の行灯《あんどん》に『再会』とある店の扉を開けた。
 店の中は間接照明のため廊下に比べさらに薄暗かった。
 突然、ポンポンと音が響いた。シャンパンを開ける音だ。
 店が急に明るくなると、
「親分お疲れ様」と一斉に和唱が迎えた。入口で立ち止まっていた銀蔵は面食らっていた。
「さあ親分、皆が待ってますぜ」と勝は銀蔵を促《うなが》した。
 二十坪ほどの広さの店内に所狭しと銀蔵を祝うために子分達が待ち受けていた。
 銀蔵と勝は一番大きなボックス席に納まった。銀蔵は席に着くと一同を見回した。どの顔も銀蔵がこの世で縁を結んだ者達であった。
「さて、乾杯でもしようじゃないか」とその子が感激で声の出ない銀蔵に代わった。
「勝、あんたが音頭を取りな」
 とその声で皆のグラスにビールが注《つ》がれた。
 勝は立ち上がり、
「それでは、親分の全快を祝して僭越《せんえつ》でありますが、乾杯の音頭を努めさせていただきやす」
 勝の音頭で一本締めが終わるとクラブの中は邂逅もそっちのけで乱痴気騒ぎとなった。子分にとって親に当たる親分の出所で箍《たが》が外れたようだ。古株の強力衆二人がカウンターで店のホステス相手に一杯遣っていた。勝は席を引くとカウンターに合流した。
「おう勝か」と短く綺麗に五分に刈り上げた胡麻塩頭の本村正次郎がコップで乾杯する仕草をした。その横が銀蔵の幼馴染の横川為吉である。二人とも銀蔵と鉄火場を越えてここに存在する。あの浅草の伊地知栄治と渡り合ったことを勝は駆け出しの頃よく二人から聞いた。
 勝は強力の為吉に会うと大映映画の市川雷蔵最期の主演映画を連想する。桜田丈吉という名前の博徒が義理掛けで北陸まで命を賭けに行く、どこかその主人公と為吉は重なると常々思う。この世界の者同士、触れてはならぬ闇の一つや二つぐらいは必ずあるものだ。
「あやは来ないのか」と正次郎が問うた。
 至極《しごく》当たり前の質問かも知れない。親の出所祝いに実子がいないのは筋が通らない。
「へい仕事だと聞いておりやす」
「まあ堅気になった事だし、しょうがねえ」
 と為吉が助け舟を出す。
「警官といやまったく棲《す》む世界が違うぜ」
 と正次郎も相槌《あいずち》を打つ。
 勝は銀蔵に綾子の所在について説明をしていなかった。綾子を呼んで会わせることを躊躇《ちゅうちょ》していた。
「おらてっきり銀蔵があやを緋牡丹《ひぼたん》のお竜に仕立て挙《あ》げると期待していたんだが・・」
 と為吉はすっかり角氷が溶け切った水割りを一気に喉《のど》へ流し込んだ。
 その時、入口を勢い良く開けた者がいた。
 いままで騒ぎに加わっていたクラブの黒服が慌て蝶ネクタイを直しながら入口へ駆けて行った。

 今岡隆二という銀蔵一家の金看板の強力がいた。
 勝は隆二との出会いを今でもはっきりと思い出せる。川崎駅のロータリーで数十人のチンピラに絡《から》まれていた隆二を・・
「おいお前たち、俺をやるには人数がたりねぇ」
 長雨が嘘のように晴れ渡った六月だった。
 銀蔵に世話に成る様になって数年が過ぎていた。賭場の下足番《げそくばん》から客への世話係りぐらいになっていた頃だ。
 どうみても中学生ぐらいにしか見えない少年が、その当時辺り一帯を仕切っていた組の子分等を相手に啖呵《たんか》を切っていた。
 勝はその少年の眼に尋常《じんじょう》ではない何かを感じ取った。
 獣としかいえない凶暴な性格を生まれながらに備えてこの世に生まれてくる者がいるとしたら、それは隆二なのかもしれない。
 捨てゴロが旨い奴は多かれ少なかれ、人生は太く短くなる。
 少年は蝶のように舞、喧嘩慣れしたチンピラを翻弄して次々と薙ぎ倒す手管《てくだ》は熟練した喧嘩師のそれだった。
 当《とう》に駆けつけていた警官等も鎮圧するどころか、静まるのを傍観していた。
 勝は少年を制止しようと思った。この生き方を止めなければならい・・
『奴は死にたがっている』
 突然少年の前に優に六尺を超える巨漢が立ちはだかった。
 少年はその男の急所に蹴りを入れたが、男は逃げるどころか方手で足を止め、そのまま釣竿で吊り上げられた小魚のように少年を持ち上げると振り回し始めた。そして少年はそのままアスファルト目掛けて放り投げ捨てられた。
 そこにチンピラ供が殺到しようとしたが、巨漢が立ちはだかった。
『手出し御無用』と勝はチンピラを睨《にら》み据《す》えた。
 中に勝のことを知っている者がいた。
『こいつぁ・・やさぐれだ』と言うとチンピラ供は蜘蛛の子を撒き散らしたように一目散に逃げ出した。
 アスファルトから立ち上がった少年の目が新しい獲物を発見した狼の眼をしていた。
  勝は振り返り、取り囲んでいた人込みを掻き分け歩き出した。
『おい待ちやがれ、そこの独活《うど》の大木《たいぼく》』
 勝は人込みから少年が殺到する足音を聞き分けていた。軽く体をかわし足払を少年に掛けた。少年は前のめりに激しく再びアスファルトに叩きつけられた。
『行く処が無きゃ、付いてきな』

 あれから十度ほど桜が舞った。
 生き急ぐ若者は少しづつ社会というものを学んだ。徒手空拳の一匹狼はやがて博徒を卒業し極道になると言い出した。
『なげえ間、お世話になりやした』
 銀蔵と勝の前で隆二は畳に額《ひたい》が着くほど頭を下げた。
『訳などは聞かぬ、お前の性根《しょうね》を俺は良くわかっている』と銀蔵は合わせの懐から、折りたたんだ和紙を取り出した。
『勝、そこから硯《すずり》と筆を頼む』
 いわゆる除籍の旨を双方が血判を持って認《したた》め合う回状を、銀蔵は二通作成した。極道のそれとは異なるかもしれない、破門、絶縁、除名と色々な抜け方がある。その中で自らの届けを持って親子の縁を切る場合、もっとも軽いのが除籍となる。極道ならば指の一本も添えるのが筋である。
 隆二は事が成るとダブルのスーツの胸元から紫色の絹袋に納められていた盃を取り出した。
『この重みを俺は誰よりもわかりやす、だが、俺の中にある、消しても、消しても消せねえ、炎がチロチロとこう言いやす、何度も、何度も、それでいいのかと・・俺は親の顔も知らぬ捨て子としてこの世に生を授かった。爾来《じらい》すべてを憎む事が俺にとっては生きる目的のような生き方をしてきた。そんな時に勝兄貴に出会った・・まるで富士山のような大きな男というものを・・俺は初めて知った。この男のようになろう。そう誓った。あれから親分に育てられ、銀蔵強力四人衆の末席に席を置けるようになった』
『だが・・俺はそれに甘んじるような生き方ができねえらしい・・』
 隆二は頭を畳に下げたまま淡々と自分に言い聞かせるように語った。
『このご恩を返さずに返盃をする馬鹿者をどうぞ許してください』
 畳にはうっすらと涙の雫が滑《ぬめ》りを作っていた。
 勝の地獄耳は廊下で聞き耳を立てる息を感じ取っていた。その者が流す涙が廊下の床板に次々と滴り落ちポタポタとする音をはっきりと聞いていた。
 綾子十五の失恋の夜はこうして迎えられた。

『りゅうたん・・』
『りゅうちゃん・・』
『隆二・・』
 綾子は小学校に入る前から隆二を兄のように慕った。隆二もまるで実の妹のように綾子を可愛がった。

 クラブ『再会』の入口に花束を抱えた白のスーツに身を包んだ隆二がいた。
 勝は銀蔵といい隆二といい波乱の予感を禁じえなかった。
 間違いなく止まっていた時計を誰か巻き上げたらしい・・

にほんブログ村 小説ブログへ

|

« やさぐれ勝の恋 五 | トップページ | やさぐれ勝の恋 七 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175341/16925443

この記事へのトラックバック一覧です: やさぐれ勝の恋 六:

« やさぐれ勝の恋 五 | トップページ | やさぐれ勝の恋 七 »